尿1滴 線虫でがん検査 9,800円!

0

    1滴の尿で
    全身のがんを高精度にそして安
    価(9,800円税抜)で判定することができるようになりました。

     

    どこの部分ががんになっているか、現時点ではわかりませんが、以下の15種類のがんに反応します。

     

    線虫が反応することが分かっているがん種(2019年9月現在)
    胃、大腸、肺、乳、膵臓、肝臓、前立腺、子宮、食道、胆嚢、胆管、腎、膀胱、卵巣、口腔・咽頭 
    →15種類のがん

    線虫 尿 がん検査

     

    株式会社HIROTSUバイオサイエンスの

    生物を用いたがん検査N-NOSE (エヌノーズ)では、

     

    『すべての方に、まず初めに受けてほしい“がん”の1次スクリーニング検査』 とおっしゃっています。

     

    結果によっては不安になるだけ、精神的・経済的リスクがある、という方もいらっしゃいます。

    しかし、『体の何処かにがん細胞があるかもしれない』という結果により、本気でがん検査を受けるきっかけとなると思います。

     

    生物を用いたがん検査N-NOSE (エヌノーズ)はこちら↓

     

    http://エヌノーズ.com

     

     

    今後は、どの部分のがんなのか、までわかるようになることに期待!

     

    乳がん衣類・前開きインナー・カップ付きインナー専門店 totoka<トトカ>本店

    トトカYahoo店はこちら⇒

     

     

     

     

     

    posted by: totoka | トトカ健康情報 | 15:45 | - | - |

    乳がんを早期に発見するために

    0

      乳がんを早期に発見するためには、自己検診、マンモグラフィや超音波検査を適切に用いることが必要です。

       

      ^^^検診モデル^^^

       

      <20〜30歳代>

      ●月一回の自己検診

      ●乳房の主治医を見つけておく

      ●主治医と相談し、適切な時期に適切な画像検査による検診のスタートを考える

       

      <40歳代から>

      ●月一回の自己検診

      ●2年に1回(状況により年1回)はマンモグラフィ検診を受ける

      ●超音波検査が必要な場合もあり、主治医に相談して併用を検討する

      乳がん自己セルフチェック

       

       

      posted by: totoka | トトカ健康情報 | 18:37 | - | - |

      乳がん 検診開始の年齢について

      0

        <<大切な乳がん検診>>

        厚生労働省では、自治体による乳がん検診の対象年齢を40歳以上とし、39歳以下の女性を対象外とするように提言しています。
        しかし、20歳代、30歳代で乳がんがみつかる人もいます。
        乳がん検診の開始年齢は自己検診も含めて自分で決められます。以下のような人は40歳より早めに、自分が費用を負担する任意型検診(人間ドック)を開始しても良いでしょう。

        ●家族に乳がんや卵巣がんになった人がいる
        ●良性乳腺疾患がある
        ●長期間ピルを使用している
        ↓乳がんのセルフチェック↓
        乳がん自己セルフチェック

         

         

        posted by: totoka | トトカ健康情報 | 22:55 | - | trackbacks(0) |

        乳がん自己検診 乳がんセルフチェックの方法

        0

          乳がん自己検診・乳がんセルフチェックの方法

          今月はピンクリボン月間です。
          この機会に、セルフチェックをしてみてはいかがですか?
          早期発見で命を守ることができます。

          乳がん自己セルフチェック

          posted by: totoka | トトカ健康情報 | 18:49 | - | trackbacks(0) |

          日本女性の14人に1人が乳がんになる時代

          0

            年間約6万人の女性が乳がんの告知を受けています。

            生涯のうちに乳がんになる女性は50年前は50人に1人だったのに対し、現在は14人に1人となっています。
            また、乳がんにかかる割合は30代後半から急激に増え、40代後半に最も多くなります。

            家庭や社会で最も活躍している年代に多いのも特徴です。

            忙しい事で自身の体調の変化に気がつきにくいということもありますが日頃から自己検診をするなど気を付ける必要があります。

            乳がん罹患者数推移

            posted by: totoka | トトカ健康情報 | 09:28 | - | trackbacks(0) |