入院準備品・下着やパジャマについて

0

    はじめての入院する場合や、急な入院となるとどのような衣類や小物を用意したらよいか戸惑う事があると思います。
    私達の体験から用意しておくと便利な物をリストアップしました。
    ご参考になれば幸いです。

     

    カップ付き前開きキャミソール かっぷ付き 前開き 下着  カップ付き 前開き ネグリジェ カップ付き パジャマ 大人可愛い 前開き

     

    <下着、パジャマ、ネグリジェ等>

    どのような場合の入院でも“前開き”であったほうが良いようです。
    術後は勿論、体調のすぐれないときは簡単に脱ぎ着出来る方が良いからです。また、点滴やその他チューブ類がある場合、前開きが重宝します。

    また、入院中はブラジャー等は着用できない場合が多いですし、ベッドで横になっている時には着けたくない場合がほとんどですので、胸カップ付きのパジャマネグリジェ(アンダー部分に締め付けがないもの)や、デザイン的に透けにくいパジャマネグリジェがあるとリラックスできます。
    売店や、来客時もバストラインを心配することなく便利です。

    前開きインナー(ソフト胸カップ付き)
    病院のレンタル病衣を利用する場合、バストラインが目立ちやすいデザインの場合が多いので、カップ付きのキャミソールやタンクトップなどをインナーに着ることをおすすめします。また、汗をかいた場合もインナーを着替えるだけでかなりスッキリできます。

    前開き下着キャミソール(優しい肩ひもタイプ)
    ※こちらの商品は、ストラップの片側が外せるため、点滴をしたままでも着替える事ができます。
    また、胸部分に締め付けないタイプのソフトカップを挿入できますので下着をつけられない場合でも胸の透けが気にならずとても安心です。柔らかいカップですのでつけたままでも眠れてしまいます。

    前開きネグリジェ(ソフト胸カップ付き)
    前開きネグリジェ
    ※ズボンがないタイプの衣類は1着は用意した方がよいです。
    どんな場合でも応用がききます。併せてネグリジェの下にはけるようなシンプルなレギンス(スパッツ)なども用意しておけば、後々パジャマのように着る事もできるので便利です。

    前開きロングパジャマ(ソフト胸カップ付き)
    パジャマですが、上着丈が長くなっています。婦人科系の入院の場合は診察の際にズボンだけを脱がなければならない事が多いですが、ズボンを脱いでも着丈があれば安心です。入院中の妊婦さんにもおすすめです。

     

    <羽織りもの>

    秋冬は勿論ですが、夏も冷房が効いている場合がありますので1枚は用意したほうが無難です。
    点滴をする場合は脱ぎ着が不便ですので、袖口をボタンでとめて袖にするようなものやポンチョ型が便利です。

    <タオル>
    バスタオルやフェイスタオル、ハンドタオルは重宝しますので2枚づつくらいは用意したほうがよいです。
    バスタオルは肌寒い時には膝掛けなどにもなりますし、シーツが汚れた場合は簡易の替えシーツになります。
    また、ハンドタオルは水で濡らしておでこや目の上にのせるとひんやりして気持ちがよいでしょう。

    <スリッパ>
    底が厚めで、ゴム底のものをおすすめします。
    トイレに行った時に普通のスリッパですとズボン裾が床についてしまう事があります。
    売店やその他の場所に行く際にも底厚の方が安心です。
    ただ、病院の指定によりかかと付きでないといけない場合もございますので、事前に確認したほうが良いでしょう。

    <ミニバッグ>
    トイレなどちょっとした時にあるとよいでしょう。
    点滴棒に引っ掛けられると便利です。

    <洗面用具>
    シャンプーはササっと入らなければならない場合も多いので、リンスインシャンプーを用意して、その他トリートメントもたまに使用しました。
    洗顔、歯磨き類は使い慣れたものを。

    <スキンケア>
    窓際の場合はUVカットカーテンでない限りは日焼けに注意です。方角に注意しましょう。西日などが少しでも入る部屋は冬でも暑いくらいです。
    UVカットが少しでも入った化粧水などを持参した方がよいでしょう。
    また、乾燥している場合が多いのでリップクリーム、ハンドクリームはあったほうが良いです。

    JUGEMテーマ:出産準備

     

    posted by: totoka | スタッフの思い | 18:54 | - | trackbacks(0) |

    totokaではピンクリボンアクセサリー&グッズの販売を通じて微力ならが応援させていただいております。

    0

       

      ~MRC代表 山本千佳子さんからのメッセージ~
      ―ピンクリボン・リレーブログ|テーマは生きる―より


      ピンクリボンのアクセサリーを作っている。

      きっかけは乳がんになったこと。

      術後、乳がんのサポートを始めた。ぽっかり空いた心とスケジュールを埋める作業をしたかったのだろうか、なにか居てもたってもいられないような気がして。

      それよりも自分なりに、病気の経験を無理やりにでも良い経験としたかったからかもしれない。

       

      たすけてください。とでも顔に書いてあったのだろうか、主治医を始め、皆優しかった。

      そして桃太郎の鬼退治の様に、周りに私を助けてくれる人の輪が少しづつ広がった。家族の協力もありがたかった。

       

      最初は一患者の立場で色々な情報を拾い、良いも悪いもわからぬまま集めた。また出版社や企業を廻って書籍や物品を寄付してもらい、ぎこちなく外来に並べた。(その時お世話になった編集者や営業マンで継続して付き合いのある方は多く、今では私の活動のファミリーメンバーとなっている。)

      それらの作業を繰り返していくうち自分でも何か表現したくなった。

       

      そんな時、ピンクリボン運動を知る。

      なにか経験者として運動に加わりたかった。肩ひじ張らずに普通に。

       

      もともとお洒落が好き。それが肩ひじ張らない普通の状態の私なら、いっそ、お洒落に発信しよう。ピンクリボンのバッジやピアスやペンダントを作って啓発活動のツールとして使おう。

       

      それからもう8年。

      キラキラ輝くスワロフスキーに思いと願いを込めて作っている。

      せっせ、せっせ、と。

       

      新作は一年に二回程度。お陰様で巣立っていったアクセサリーは2万個に近い。

      もしかして手に取った人が、それを見て検診に行こうと思ってくれるかもしれない。

      もしかして毎年新作を楽しみにしてくれている人がいるかもしれない。それが、希望とモチベーションだ。

       

      私の理想の生き方は、私のアクセサリー制作の姿勢にそのまま通じるようだ。

      『キラキラと輝き、せっせ、せっせと一生懸命に生きる』こと。

      左右を向いて下も向いたら頭を起こし、前を向いて、小さな風を蹴散らせながら泣いて笑って私っぽく生きていこう。

      そしてサポートボランティアも私らしく、せっせ、せっせと。

       

      山本 千佳子



      totokaではピンクリボンアクセサリー&グッズの販売を通じて微力ならが応援させていただいております。

       

       

      ピンクリボンピンクリボン

      posted by: totoka | スタッフの思い | 23:52 | - | trackbacks(0) |

      MRC 三井リボンクラブ 主催 ほっと♪ティSALON 乳がん患者さま同士のおしゃべりとワークショップの会開催!

      0

        MRC 三井リボンクラブ 主催 ほっと♪ティSALON 乳がん患者さま同士のおしゃべりとワークショップの会開催!

         

        2017.12.19(火) PM2:00〜4:00

        ※トトカのブログを見て とお伝えいただくとスムーズです!

         

        詳細はこちら⇒

         

        MRCサロン

        posted by: totoka | スタッフの思い | 22:52 | - | trackbacks(0) |

        麻央さん ありがとう。

        0

           

           

           

          「ありがとう。」

           

          訃報を知った時にまず出た言葉でした。

           

          嫌なことがあった時、落ち込んだ時に麻央さんのブログの前向きな言葉にどれだけ励まされたかわかりません。

          今の自分が、どれほど恵まれているか。。。

          さっきまで悩んでいた事がちっぽけな事に思えてきて、元気になることも多々ありました。

          麻央さんの子供たちと自分の子供の年齢が近いこともあり、子供たちと思いっきり遊んだりできない事がどれだけ辛いことだろうと思っていましたが、そんな中でもいつも明るい笑顔の写真で、本当に素晴らしいお母さんでした。

           

          ありがとう。 ゆっくり休んでください。

          ご冥福をお祈りいたします。

           

           

          仕事柄、ほぼ毎日のように乳がんの患者様と接しています。

          これからも入院や術後に少しでも快適に過ごせる衣類をご提供できるよう、精進していきたいと思います。

           

           

           

           

           

           

          posted by: totoka | スタッフの思い | 12:30 | - | trackbacks(0) |

          トトカのブラカップ付き商品は、入院経験とお客様の声から生まれました。

          0

            JUGEMテーマ:女性の病気

            〜トトカのスタッフは全員入院経験があります。当店では入院や通院に便利な“前開き&カップ付き”の商品を中心に販売しております〜

             

            お店を始めたきっかけは、入院中の身内の一言からでした。

            「病院で用意されているパジャマは大きいし、術後はブラできないから透けるのが心配。」


            病気で痩せてしまっても、衣類の心配なく安心して入院生活を送れるようにしてあげたい・・・。

            私は洋裁教室に通い、透け防止のために胸部分の裏にカップを入れられるよう
            ポケットを付けたパジャマを作りました。
            入れるカップ(パッド)も、そのまま寝ることができるようソフトな素材のものを探し回りました。
            時間がかかってしまいましたが、出来上がったパジャマをプレゼントすると
            想像以上に喜んでくれました。笑顔を見てホッとしました。

            そして、病気や入院で不便を感じている方々に便利な商品を提供したい、という思いでショップオープンを決意しました。

            カップ部分を個人個人の胸の位置に合わせる事ができるように改良を重ね、

            トトカオリジナルとして特許を取得しました。

            ※特許技術 アジャストブラカップ機能について

             

            2010年に私自身も長期の入院を経験し、

            『全国の入院している皆様に、もっともっと安心してもらいたい、役に立つ便利な商品を提供していきたい』
            という思いがより一層強くなりました。


            病気や入院により普通に出来ていた事がスムーズにできなくなり、落ち込んでしまう事もあります。

            ちょっとした事が、とても不便に感じたりするかもしれません。

            そんな時に少しでもお役に立てたら・・・

            少しでも安心してもらえたら・・・

            一つ一つの商品に真心を込めて販売しています。

            そして、入院経験を生かし、これからもより良い商品となるよう努力し続けてまいります。



            totoka 代表 山代佳子

            posted by: totoka | スタッフの思い | 23:01 | - | - |